原付二種最強説!!免許もバイクも小型二輪が欲しい。

バイクに乗りたいけど車もあるし、出来るだけ維持費を安くしたい場合は、125cc以下の原付二種がおすすめです。サイズは50cc以下の原付と変わらないけど30km/h規制や二段階右折などの制限がなくなります。街乗りでバイクを楽しむなら原付二種が最強かも。

シェアする

原付二種というバイクのクラスがあるのを知っていますか?

普通自動車の免許があれば乗れる庶民の足である原動機付自転車、いわゆる原付はエンジンの排気量が50cc以下のバイクです。

原付二種とはエンジンの排気量が50cc超~125ccまでのバイクです。今、じわじわと人気が出てきているクラスなんです。

原付二種に乗るためには小型二輪の免許(正確には普通二輪免許の小型限定)以上の免許が必要です。

その原付二種が人気の理由は

  • 維持費が安い。
  • 制限が少ない。

今は基本、車での移動をしているんです。でも少年サッカーの大会などに行くと周辺のコインパーキングが埋まってしまっていて駐車することが出来ないなんてことがあるんです。

自転車の代わりの乗り物

今は車での移動が基本なんですが、近くへは出来るだけ自転車で移動しています。

健康のためと言うよりは駐車場がない・少ないんで探すのが大変って理由です。運良くコインパーキングに入れたとしても大会で長い時間止めていると結構、いいお金取られますよね?

何か代わりの乗り物をGETしたいと思っていたんです。

電動アシスト付自転車

街で走っている自転車の半分くらいは電動アシスト付自転車なんじゃない?ってくらい良く見かけます。楽そうで良いですよね。若いママさんなんかは、前と後ろに子どもを乗せてスイスイと走っています。

結構スピードも出てしまうので歩道を走るのは危険な気がするんです。かと言って幹線道路の車道を走るのは怖いんですよね。

これは本当に私の偏見なのですが電動アシスト付き自転車って女性の乗り物って感じがしちゃうんです。乗っている人って女性が多いので。

原付

50cc以下の原付も良いですよね。自動車免許を持っていれば乗れます。小さいので取り回しが簡単だし、駐輪場もすぐに見つかります。

車検もないし、任意保険が自動車保険のファミリー特約を使えるので10,000円上乗せするだけです。

ただデメリットの方が大きいんです。

  • 30km/hの速度制限
  • 二段階右折の義務化
  • 高速道路や自動車専用道路の通行不可

30km/hの速度制限と二段階右折の義務化が無ければ、原付で良いんですがちょっと遠い場所に移動するにはデメリットが大きいですね。

原付二種のメリット

原付の二種って高速道路には乗れないんですけど30km/hの制限と二段階右折の義務化がなくなるんです。さらに二人乗りが解禁されます。

普段は1人で乗ることが多いと思いますが、たまに息子のサッカーの送り迎えなどを行うことがあると考えると2人乗りが出来ると言うのは大きなメリットです。

そして50ccまでの原付と同じくらいの大きさで取り回しが楽。車検もなく、維持費も原付とほぼ変わりません。

原付二種がちょうど良い

私の場合、高速道路を使うほど遠出をする場合は車で移動します。バイクで移動するのは遠くても半径40km位の範囲だと思います。

さらに良く行く所で聞きまわった結果(グレーだけど)駐輪所に止めても良い感じでした。

そんなに飛ばして走る訳でもなく、幹線道路の流れに乗れ、二段階右折がない原付二輪がちょうど良いんです。

まずは免許を取りに行かなければ。。。

2018年7月2日 ▼ 以下追記

免許は”普通自動二輪”に限る

この記事を書いたときは、バイクの免許を持っていませんでしたが、教習所に通い、普通自動二輪の免許を取りました。

▼ 実際にどの免許を取るか悩んだ記事。

合わせて読みたい !

おそらく私は原付二種のバイクを買うのでオーバースペックの免許なのですが、教習所に通う費用はほとんど変わりませんし、何よりも400ccのマニュアル車での教習は楽しい。

そしてAT限定の方が免許を取るのは難しいですよ

取得する免許は”普通二輪”のマニュアル、乗るバイクは原付二種が最強コンボだと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする