都市伝説?!数々の伝説。世界最強のバイク。スーパーカブ

2017年に世界累計生産台数10億台を超えた「ホンダ スーパーカブ」。そんなスーパーカブの伝説を紹介します。

シェアする

引用:本田技研工業株式会社

あなたは日本のホンダが誇る「スーパーカブ」を知っていますか?2017年に世界累計生産台数が10億台を超え、2018年に生産・発売60周年を迎える伝説のバイクです。

スーパーカブとは新聞配達や出前などで活躍している実用的なバイクなのですが燃費が良い、壊れないと言われています。

そのモンスターマシンのスーパーカブには数々の伝説があります。二輪車の世界のトップメーカーである本田技研工業株式会社が作り続けている世界最強のバイク「スーパーカブ」の伝説を一部ご紹介します。

世界に誇るスーパーカブ

初めにスーパーカブってどんなバイクか知っていますか?

新聞配達や出前、郵便屋さんが使っているバイクでビジネスユースを中心に使われています。銀行員の方が外回りで使用したりもしていますよね。

日本が誇るスーパーカブは、高燃費で最新のモデル(2017年モデル)ではSurper Cub 50で105.0km/L、Super Cib 110で62.0km/Lも走るんです。発売から60年も経っていますが

  • 高い操作性と汎用性
  • 業界トップクラスの燃費の良さ
  • 壊れない頑丈さ

世界累計生産数を更新続けているバイクなんです。

乗り易さ、燃費の良さ、単純な構造で10年経っても壊れないバイクなんです。その頑丈さから数々の伝説を持つバイクです。

スーパーカブ、数々の伝説

スーパーカブの伝説について見て行きましょう。

燃費の良さ

スーパーカブは50ccの原付で30km/Lの定速走行でカタログ値が100km/Lを超えています。1983年のSUPER CUB 50 SUPER CUSTOMというモデルは、なんと180km/Lという驚異の燃費でした。

ただ環境対策や排ガス規制で現在は105km/Lまで下がっていますが、一般的な50ccのスクーターが70~80km/Lなのでその燃費の良さが際立っています。

honda エコ マイレッジ チャレンジ

毎年ホンダが開催している「honda エコ マイレッジ チャレンジ」という大会ではカブのエンジンをベースにした自作マシンで1Lのガソリンでどれだけ走れるかという大会があります。

どれだけカブのエンジンの燃費が良いかというのを競う大会です。その大会で2011年に3,644.869km/Lという最高記録が出ました。

エコ過ぎてびっくりしちゃいますよね。

積載量が半端ない

日本では法律違反ですが、海外、特に東南アジアでは、5人乗りをしても走る…。

引用:WeBlogJapan

荷物を200kg積載しても走るんです。カブの4ストロークエンジン侮れません。

ちなみに郵政カブと言われる郵便局のカブは積載量に耐えられるように停車時のスタンドなど各部が強化されています。

発売期間の長さ、残存個体の量

スーパーカブは昭和33年に発売されてから様々な調整や改良、マイナーチェンジが行われていますが。基本設計はほとんど変わっていないんです。

なのでパーツの手に入り易さやその実用性からカスタムバイクのベース車として使用されることも多いです。

とてつもなく頑丈

ホンダの関係者が「カブは実際に何十万キロ走れるか見当もつかない。」と言うくらい頑丈に作られているそうです。どれだけ凄いかというと今発売されている原付は10~15年、距離にして3万~6万キロと言われています。スーパーカブは何十万キロ走るかわからないって凄くないですか?

エンジンオイルの代わりにてんぷら油で走るという都市伝説もあります。メンテナンスをすれば、カブは半永久的に乗れるというライダーの方もいます。スーパーカブ凄いですね!!

昭和から平成を超えて

数々の伝説をもつ「スーパーカブ」ですが如何だったでしょうか?昭和33年に生産・販売を開始して60年間も同じコンセプト、デザインで生産され続けているなんて、それだけで伝説になりますよね。

スーツでも私服でも若者でもお年寄りでも乗っててサマになるスーパーカブは日本の原風景にも溶け込みます。服装を選ばず、年齢・性別を選ばず誰が乗っても似合うバイクはスーパーカブだけなんじゃないでしょうか。

スーパーカブを手に入れたら生活が変わりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする