バイクのピンクナンバーは最強の証。原付二種がちょうど良い感じ

ピンクナンバーの原付二種が街乗り、通勤通学の用途では最強ではないでしょうか。バイクの使い方は、人それぞれですが、気軽に乗れることは大きなメリット。原付二種が最近だと思う理由を説明します。

シェアする

自動二輪の免許を取ったらバイクが欲しくなりますよね。私も普通自動二輪の免許を取ったんで

すごくバイクが欲しい。

私は免許を持っているけどバイクを持っていません。でも、色々と調べた結果、街乗りや通勤、通学には、ピンクナンバーの原付二種がちょうど良い。その理由について解説しますね。

原付二種とは

原付二種とは50cc超〜125ccまでの排気量のバイクのクラスです。原付並みの燃費、維持費の安さに加えて250ccクラスにも負けないくらいの走行性能を持つ最強のバイクです。

モデルによりますが、大きさも原付くらいで非力なおじさんでも取り回しがラクなんです。そして、車体の販売価格が安い。

なぜ最強か

もちろん、ピンクナンバーの原付二種のバイクは、大型バイクに比べるとスピードも出ないし、安定感もありません。なので「ロングツーリングをしたい」などの使い方をするのであれば、排気量の大きいバイクの方が良いそうです。

でも私がバイクに求める用途は『街乗り』。

原付二種のバイクが最強なのは街乗り、通勤や通学など比較的、乗る頻度が高く、距離が短い場合です。庶民のアシとして最強のピンクナンバーを推す理由についてお話します。

原付の制限が解除

排気量が50ccまでのいわゆる原付は30km/h規制や二段階右折など独特の制限があります。街乗りをする場合、この制限が大きい。私は昔、原付に乗っていたのですが、30km/hで走っていると危険を感じるんです。

また私は、最近、自動車で移動することが多いのですが、60km/hで巡行している車からしたら30km/hで走っている原付は「やっぱり、邪魔」だと思う。

原付二種は、60km/hのスピードを出しても良いし、出せるだけのスペックを持っています。そのスペックを持っているので二段階右折もしなくて良いし、二人乗りだって許されています。

昔は庶民のアシと言えば50ccの原付でしたが、今はピンクナンバーの原付二種。

原付は制限があってイマイチ使い勝手が良くないんです。制限が解除された原付二種は、使い勝手が良くなり、街乗り、通勤や通学、買い物など庶民のアシとしては最強なんですよ。

コスパが良い

原付二種は車体も比較的安く手に入れることができます。250cc以上のバイクだと新車で50万円以上なんてザラ。ピンクナンバーは庶民の味方。20万円から30万円くらいの販売価格のバイクがほとんどです。

そして維持費。125cc以下の原付二種は、50ccの原チャリと維持費はほとんど変わりません。ひとつ上のクラスである125cc超~250ccからは年に1回、自動車重量税を払わなくてはいけませんが原付、原付二種はありません。つまり0円。

軽自動車税も安く、~90ccでは2,000円、90cc超~125ccは2,400円です。125cc超~は3,,600円、250cc超~は6,000円。圧倒的に安いですよね。

自賠責保険も3,398円(1年)、任意保険は自動車の保険に入っていれば、ファミリー特約に加入でき、追加で数百円/月の負担ですみます。車検もないし、ガソリン代も安い。費用対効果からみても原付二種は最強です。

車体が軽い

実はバイク乗りが面倒で乗らなくなる理由のひとつに車体の重さがあります。バイク自体が重いとそれだけ、取り回しにくく面倒になってしまうんですね。原付二種は原付と同じくらいの大きさ、重さのモデルが多く、チョイ乗りをするには、最強。小さい車両なので女性でも、おじさんでも簡単に取り回すことができます。ちなみに首都圏の駐輪場に止められるのも「125cc以下のピンクナンバーまで」というところが多い。特に都会では、小さいバイクだと機動力が違いますよね。

デメリットもありますが

最強の原付二種ですが、デメリットもあります。

スピードやパワー、安定感などは大型のバイクの方が上です。街乗りでは、あまり排気量の大きさによるメリット(スピードやパワー)を感じないかも知れませんが、上り坂や長距離のツーリングなどでは、パワーに余裕がある方が運転していてラク。

原付二種は、高速道路や自動車専用道路にも乗れません。遠出をする場合は、250cc以上、出来れば大きい排気量のバイクの方が良いですよ。車体が安定するので運転がラクです。

ピンクナンバーは最強の証

バイクの車体が軽いということは、いつでも乗ることができるということ。そして維持費は安ければ安いほど走れる。原付二種のピンクナンバーは最強の証。

街乗り、通勤通学に使うなら気軽に乗れるというのは最大のメリットだと思います。
バイク初心者やリターンライダーも慣れるまで原付二種に乗ることをオススメしますよ。物足りなければ、大きな排気量のバイクに乗り換えれば良いんです。

大型バイクを持っている人でも、セカンドバイクとして原付二種を買う人も多いようです。

あなたも楽しいバイクライフをはじめませんか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする